オフィスでの
感染防止対策

オフィスの顔!出入口などの対策

49-2_Infectious_countermeasures_infection_control_office_01.jpg

オフィスで最も不特定多数の人の動きが多い出入口/受付/ロビーでの感染防止には、「①持ち込まない」「②飛沫を断つ」「③接触を断つ」対策が必要です。ここでは「入室管理」「コンタクトポイントの清掃・除菌」が重要な対策となります。
入出管理については、入り口での手指消毒、入室前の手洗い、マスクの着用、検温・来訪者の記録などがあります。ガイドラインやポスターなどでも啓発して、個人の行動に落とし込みましょう。
図に示したようなコンタクトポイントでは、接触感染のリスクも高いと考えられます。これらは頻繁に人が触れるため、担当者や時刻などのルールを定めて清掃・除菌する仕組みを作りましょう。

ワークスペース/会議室の対策

49-3_Infectious_countermeasures_infection_control_office_02.jpg

社員が長時間滞在するワークスペース/会議室での感染防止には、「②飛沫を断つ」「③接触を断つ」対策が必要です。ここでは「執務環境の整備」「コンタクトポイントの清掃・除菌」が重要な対策となります。
まずは、マスク着用の徹底です。ガイドライン・ポスター・メールなども活用しながら、常時適切なマスク着用に努めるよう促しましょう。
また、飛沫を断つためソーシャルディスタンスの確保(着席)や定期的な換気を意識しましょう。パーテーションやサーキュレーター、CO2濃度計の設置も有効な対策と考えられるので執務環境に応じて取り組んでください。コンタクトポイントの清掃・除菌については、各自の机だけでなく共用の設備・用具も忘れずに行うことが大切です。各場所・部位ごとに担当者や時刻などのルールを定めて、清掃・除菌する仕組みを作りましょう。

3密注意!更衣室などの対策

49-4_Infectious_countermeasures_infection_control_office_03.jpg

更衣室や休憩室・給湯室は、オフィスの中でも比較的狭いところが多く、密になりやすい場所のため感染リスクが高いといえます。これらの感染防止には、「②飛沫を断つ」「③接触を断つ」対策が必要です。ここでは「3密の回避」「コンタクトポイントの清掃・除菌」が重要な対策となります。
3密の回避においては、規模に応じた入室制限の設定、2mを目安とするソーシャルディスタンスの確保、会話は最小限に(マスク着用)、定期的な換気などの対策が重要になります。ガイドライン・ポスター・メールなどにより、社員1人ひとりへの周知徹底を図りましょう。部屋が狭いほど換気が重要となってきます。常時換気、空気の流れの確保など、運用方法を定めましょう。
更衣室/休憩室・給湯室におけるコンタクトポイント例として図のようなものがあります。不特定多数が触れる共有の場所・部位を洗い出し、担当者や時刻などのルールを定めて清掃・除菌しましょう。

絶対外せない!トイレの対策

49-5_Infectious_countermeasures_infection_control_office_04.jpg

トイレは、排便・嘔吐などで、菌やウイルスを排出するため感染リスクが高いといえます。トイレの感染防止では、「②飛沫を断つ」「③接触を断つ」対策が必要です。ここでは「手指衛生」「便器周辺の整備」「コンタクトポイントの清掃・除菌」が重要な対策となります。
手指衛生は、正しい手洗い・消毒が徹底できるようにガイドラインやポスターなどでも啓発して、個人の行動に落とし込みましょう。手洗い場の整備も欠かせません。薬剤やペーパータオルは、切らさないように残量をチェックしましょう。
便器周辺の整備については、エアロゾル感染防止の観点から、トイレに蓋がある場合は蓋を閉めてから汚物を流すよう啓発しましょう。また、常に便座の除菌ができるように除菌シートなどを備え付けるとよいでしょう。定期的な換気・トイレ清掃も大切ですので運用方法を定めましょう。
トイレにおけるコンタクトポイント例として図のようなものがあります。担当者や時刻などのルールを定めて、清掃・除菌しましょう。

盲点となりやすい営業車の対策

49-6_Infectious_countermeasures_infection_control_office_05.jpg

営業車は、狭い空間で不特定の接触が考えられることから、感染リスクが高いと考えられます。営業車の感染防止では、「②飛沫を断つ」「③接触を断つ」対策が必要です。ここでは「3密の回避」と「コンタクトポイントの清掃・除菌」が重要な対策となります。
専用化や乗車人数制限を設けるなど、3密の回避を心がけましょう。複数名乗車する際は必ずマスク着用してください。ガイドライン・ポスターなどにより啓発で周知徹底しましょう。また、車内換気は非常に重要です。換気設定を外気導入モードにして、空気の入れ替えを図りましょう。
営業車でも気づかないうちに様々な場所に触れています。図に示すようなコンタクトポイントの清掃・除菌についても、ルールを定めて運用するとよいでしょう。携帯タイプの除菌シートや手指消毒剤を準備しておくと、車内の清掃・除菌や手指衛生が手軽にできます。ただし、引火性のあるアルコール製剤などの車内放置にはご注意ください。

ハイジーンメンバー
募集中

便利なコンテンツや衛生情報などをダウンロードできるハイジーンメンバーを募集中です。

スペシャルサイト

衛生管理教育システム eラーニング

野菜キレイシリーズ 野菜加工用

メディプロ抗ウイルスクリーナー詳しくはこちら!

レジオネラ属菌リスク管理 レオシャイン 化学洗浄キット

安心・清潔の洗浄剤シリーズブランド O2Clean

ライオンが提供する生活者向け情報 くらしの衛生情報

はやラク 小規模飲食店向け HACCP対応システム